川崎フロンターレのACL優勝への軌跡!浦和レッズ撃破し、準決勝へ!決勝までの日程を確認します!

川崎フロンターレがACLの優勝するまでの流れを確認しておきましょう!

川崎フロンターレは、
ベスト8で浦和レッズとの対戦となります。

その前哨戦となった、
浦和レッズとのリーグ戦での試合で4-1で勝利。

浦和レッズの攻撃はいまあんまり怖くないですが、
それでも浦和は浦和。

やっぱり怖いですよね。

川崎フロンターレvs浦和レッズの過去の対戦成績

川崎フロンターレと浦和レッズとの対戦は、
2017/07/05の試合で
リーグ戦、ルヴァン(ナビスコ)、天皇杯も含めて35試合。

今までの対戦成績は、
13勝7分15敗。

ホームでは8勝4分7敗。
アウェイでは5勝3分8敗。

ホームでは勝ち越し、アウェイでは勝ち越し。
という過去の対戦成績です。

それぞれの試合ごとに分けてみると…

川崎フロンターレvs浦和レッズの過去のリーグ戦対戦成績

リーグ戦だけで考えると、
今までの対戦成績は、
9勝7分9敗。

ホームでは4勝4分5敗。
アウェイでは5勝3分4敗。

リーグ戦になると、対戦成績は五分になり、
ホームでは負け越し、アウェイでは勝ち越しに変わります。

意外ですが、リーグではホームで負け越しているんですね。

ただし、2012年以降の5年間では、
6勝3分2敗と、大きく勝ち越しています。

浦和レッズにあんまり負けてないイメージがあるのは、
この5年間お得意様な感じがするからでしょうね。

 

川崎フロンターレvs浦和レッズの過去の天皇杯対戦成績

天皇杯で考えると、
1勝2敗。

ホーム相当の試合で1勝1敗。
アウェイで1敗。

ただし、敗戦は2000年の3回戦、
2005年の準々決勝で敗戦。

しかし、いちばん最近対戦した、
2016年の4回戦では、
3-3からのPKで4-1と勝ったことで、
浦和レッズに対するカップ戦の、
苦手な印象はちょっと消えた感じだね。

 

川崎フロンターレvs浦和レッズの過去のルヴァン(ナビスコ)対戦成績

ルヴァン(ナビスコ)で考えると、
3勝4敗。

ホームでは3勝1敗。
アウェイでは3敗。

天皇杯、ルヴァン(ナビスコ)と、
アウェイでは一度も勝てていないっていうのが、
現状なんですね…

まぁ、2013年のナビスコカップの準決勝や、
2006年の準々決勝など、けっこういいところ闘っているんですよねー。

 

川崎フロンターレvs浦和レッズのACL準々決勝。

川崎フロンターレは、浦和レッズとの準々決勝で対戦しますが、
まずは8月のホームゲームで勝つことが大事ですよねー。

8月23日vs浦和レッズ(ACL準々決勝第1戦@等々力スタジアム)
9月13日vs浦和レッズ(ACL準々決勝第2戦@埼玉スタジアム)

8月のACLホームゲームの前には、中3,4日で
コンサドーレ札幌とのホームゲームがあり、
そのあヴァンフォーレ甲府戦も中3、4日。

そして、ヴァンフォーレ甲府戦のあとも中3、4日で、
ルヴァンカップノックアウトステージが続くというつらさ…

そして、ACLのアウェイゲームの前には、
中3~5日で横浜Fマリノス戦と清水エスパルス戦に挟まれるという。

日程が結構きついですよねぇ。

ルヴァンのノックアウトステージが8月30日、9月3日に行われるのが、
けっこうつらいです。

ただ、浦和レッズを撃破することが、
ACLで過去最高成績を手に入れるためには、
大事なことですし、
アルビレックス新潟に苦しんで2-1で勝っている浦和レッズの攻撃力だと、
川崎フロンターレが大量失点はされなそうだなと。

そう思うので浦和レッズには勝たなければいけないかなと。

さらに浦和レッズに勝った後は、
準決勝に進出します!!

川崎フロンターレのACL準決勝

浦和レッズを破った後には、
9月末と、10月半ばに準決勝が行われます。

9月27日vs対戦相手未定(ACL準決勝第1戦@場所未定)
10月18日vs対戦相手未定(ACL準決勝第2戦@場所未定)

9月27日の試合の前には、
ポドルスキがいるヴィッセル神戸、
そのあとは7月9日現在J1首位を走っているセレッソ大阪との試合があります。

本当に対戦するチームが強いチームばっかりだなぁ。

そして、10月18日の試合は、
その前にベガルタ仙台との試合があり、
その後はサンフレッチェ広島との試合があります。

1戦目とは違って降格争いをしているチームが後半戦のあたりには多くて、
これはこれできついですよね…。

相手は死に物狂いできますからね…。

川崎フロンターレのACL決勝

決勝まで進むと、11月に試合が行われます。

ここまで来たら、試合日程がそこまできつくなくなっていますね。

11月18日vs対戦相手未定(ACL決勝第1戦@場所未定)
11月25日vs対戦相手未定(ACL決勝第2戦@場所未定)

リーグ戦は12月2日の大宮アルディージャ戦がありますが、
それを考えても1週間は空くわけで。

ルヴァンカップは決勝がすでに終わっていますし、
リーグ戦も残り1試合(か2試合)になっているはずなので、
優勝チームというのがもう決まっている可能性もあります。

さらに天皇杯すすんでいれば、10月25日には、
準々決勝が終わって勝っている可能性があり、
11月に天皇杯はありません。

リーグ、ルヴァン、ACLが全部ある可能性のある11月。

ここで初タイトルを争うことになるんでしょうね。

ライバルチームの分析は、浦和レッズを撃破したらやりたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です