川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌、久しぶりのリーグ戦。川崎はチャナティップ復帰?札幌は田中駿汰復帰?

お互い主力選手がこの3週間の中断期間で復活できそうでいい試合を期待しています。

チャナティップが完全にフィットしたらめちゃくちゃ面白い川崎フロンターレになると思っているし、大島僚太や、ジェジエウ、ノボリが復帰したらどこにも負けないチームになると思っていますよ!!

川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌マッチプレビュー

川崎フロンターレはどんどん怪我で抜けていた選手が合流していますね。

北海道コンサドーレ札幌戦前に右ヒラメ筋肉離れで離脱していたチャナティップ、右足関節じん帯損傷ならびに右近位脛腓じん帯損傷で離脱していた大島僚太は既に合流済み。

4対4のミニゲームでプレイをしていたとのことで明日の試合の組み合わせは本当にの楽しみすぎる。

チャナはそれこそ、川崎フロンターレに来る前の古巣、北海道コンサドーレ札幌との試合ですからねー。最初から出るとは限らないけど、試合に出たらめちゃくちゃ活躍してくれそう。研究は一番されていると思うけど相手選手の良さを一番知っているのはチャナティップですからね!

復帰できたことで喜びが大きくて、何をしても楽しくて、きついこともやってきたし、いまコンディションがどのくらい戻ったかわからないけれど、とにかく楽しいという実感です。

とチャナティップは練習自体をめちゃくちゃ楽しんでいそうですねー。筋力トレーニングを積むことでレベルアップを図っているとのことみたいですね。

さらに、左膝前十字じん帯損傷、左膝内側側副じん帯損傷からの復帰を目指すジェジエウと、4月16日のトレーニング中に全治12週間の右大腿二頭筋肉離れを負った登里享平は別メニューでリハビリに励んでいました。この二人が帰ってくるのは7月ぐらいかなー。ノボリは12週だからまだ難しい加茂氏ですねー。

中断前の連敗を引きずってはいないだろうし、その間に代表戦もあり、谷口彰悟と山根視来は疲労がたまっているとは思いますが、この流れでどういうサッカーをするか、というところはめちゃくちゃ楽しみですよね。

試合会場では水曜どうでしょうとのコラボを思いっきりやるということで、ミスターや嬉野君、藤村君が来場。大泉洋さんはさすがにこないみたいだけど、75%水曜どうでしょうレギュラー集まってるからね。これは盛り上がるだろうなー。

大島僚太と、チャナティップの2人が戻ってくれば、脇坂泰斗や遠野大弥がゲームのプランを考えなくて済むようになるのは大きいと思うんだよなー。よりフィニッシュに力を注げるようになれば、チャンスがどんどん生まれてくるはず。バランスがどんどん良くなることを願っています。

北海道コンサドーレ札幌は田中駿汰が帰ってくる!

北海道コンサドーレ札幌も3週間ぶりの川崎フロンターレ戦に向けてテンションを上げているみたいですね。

川崎フロンターレ側がチャナ、大島が復帰か?っていう状況ですが、コンサドーレ札幌も田中駿汰が右もも裏肉離れから復帰有力とのことですね。痛みはなくコンディションも上向きということで、5月22日以来の出場となりそうです。

田中の離脱中、退場者も出てリーグ2連敗となっているので、川崎フロンターレと同様に3連敗は避けたい状況。

この状況の中で、勝ち切るのはどちらになるかというのは大きな注目になりますよね。北海道コンサドーレ札幌はルヴァンカップでサンフレッチェ広島に1分1敗で敗退が決定しているので、リーグ戦に臨む部分が大きくなっているはず。

またタイ1部のブリーラム・ユナイテッドからまたもやタイのスーパースターを獲得したのも楽しみ。期限付き移籍で加わったタイ代表MFスパチョーク・サラチャート(24)。

下部組織出身の天才スパチョークは、早くから才能あるアタッカーとして注目され10代でA代表デビューすると、西野朗監督時代のタイ代表でも主力として活躍。

今シーズンは元鹿島アントラーズの石井正忠監督が率いるブリーラム・ユナイテッドでリーグ戦30試合中25試合に出場し、5ゴール5アシストをマーク。3シーズンぶりのリーグタイトル獲得に貢献しました。

川崎フロンターレ戦ではさすがに出場はないと思いますが、背番号49がフィットしたら札幌は強くなりそうですよね。ミシャの前に代表で西野さん、クラブで石井さんに指導受けているのも日本でプレーするのに向いている気がします。

まとめ

川崎フロンターレは代表帰りの二人と怪我明けの二人がどこまで試合に絡めるかは楽しみですね。鉄人の谷口、山根は試合に絡んできそうだなぁ。

引っ越してしまったのでなかなか川崎フロンターレのホームゲームはいけなくなりますが、DAZNがあって日本中のサッカーをリアルタイムで試合が見られる環境は本当にありがたいですね。