川崎フロンターレ、谷口彰悟がまたまたDOGSO…。サガン鳥栖にスコアレスドローも、5試合連続クリーンシート!

谷口彰悟レッドカード

中2日で、ヴィッセル神戸、サガン鳥栖とのアウェイゲームの連戦。中盤より前のメンバーを変えて挑んだ好調川井サガン鳥栖との試合でしたが…やっぱり鳥栖は強かった!!

川崎フロンターレvsサガン鳥栖、スコアレスドローで終了。

サガン鳥栖枠内シュート0だったんですね。枠内に飛んでたらやばいシュートがたくさんありました…。

1位vs5位という上位対決の通り、熱くて強度の高い好ゲームでしたね。

フォアチェックで谷口彰悟にプレスをガンガンかけていくから前半から谷口彰悟がパスミスを連発。疲れももちろんあったんだろうけど、ここ数年の谷口彰悟では見ないプレーだったのでびっくりしましたね。試合を見返しましたが、ボールが変わった影響も少しはあったのかな…。

そして、先発した瀬古は前半こそ厳しい部分はありましたが、後半のトップ下はかなり希望が持てるプレーでしたね。交代までの後半のチャンスはほとんど瀬古が生み出したといっても過言ではなかったです。

遠野も含めて、IH、トップ下の候補がたくさんいて、あとはフィニッシュがうまく決まれば…というところですね。小林悠には怒られていたけどミドルの意識もあったし、瀬古の今後が楽しみです。

サガン鳥栖はやっぱり速くて強かった…という印象なのですが、この試合では飯野七聖vs佐々木旭のマッチアップが最高でしたね。去年ぼろぼろにやられたサイドのところを無失点に抑え切ったところは本当に評価したいです。

3トップで始めたもののうまくいかないとみるや、小林悠、知念慶の2トップに変えたり、後半からは交代選手入れて組み合わせを変えてもう一度3トップにしたり…といろいろやったんですが、全試合得点の記録は終了してしまいましたが、川崎フロンターレ史上初の5試合連続クリーンシートという記録は達成。

本当に素晴らしいですよね。

谷口彰悟がまたまたDOGSO。DOGSO慣れが凄い。

谷口彰悟がレッドカードをもらいましたが…荒木主審とのDOGSOはちょっと見慣れた光景になってしまいましたね…。

谷口彰悟レッドカード DOGSO(ドグソ)とは?SPA(スパ)との違い。なぜイエロー?レッド?サッカールールおさらいしときましょう。

試合後の会見で鬼木達監督は

勝ち点3につながることをもっとやらないといけなかったが、1人減ってからも闘う姿勢の部分はすごくよかった。次につなげていきたい。

と語るなど、攻撃面で最後の最後まで攻め続けた姿勢を評価していました。サガン鳥栖の足が止まっていた部分もありますが、10人になってからの方が攻撃がシンプルに、速くなってチャンスが多く生まれていましたね。次節は最初からこういう姿勢を見せていってもらいたいですね。

谷口彰悟が荒木さんに試合中に「またですか?」って言っているところがDAZNに取られていましたが…ルヴァンカップの決勝以来2度目の荒木さん×谷口彰悟のDOGSO退場。距離が全然遠かったと思ったんだけどな…。

大分トリニータとの試合で退場しているし、谷口彰悟にとっては3度目のDOGSOかな?さすが嫌いなものDOGSO…。

ただ昨日のあのファウルは失点に直結する部分だったので、本当にプロフェッショナルファウルだったと思います(だからこそDOGSOの要件が成立しちゃうんだとは思いますが)。あそこ抜かれていたら危なかった…というところでしたもんね。蔚山現代でレオナルドとの1対1で抜かれたところが悔しすぎたのか、帰ってきてから本当に守備が安定していただけに谷口彰悟がいなくなるのは痛いですね…。

ただ、チームもDOGSOに慣れているのか、谷口彰悟がさわやかイケメンで抗議する中、守備の確認に時間が取れていたし、交代で入った山村和也の活躍もあり、無失点で終わった上に攻撃面も活性化していました。これはチームとして1人退場した後の経験値がちゃんと積まれている証拠ですね。素晴らしかったです。

川崎フロンターレ、クリーンシート9試合目!5試合連続クリーンシートはクラブ記録!

今シーズンは、横浜F・マリノス、セレッソ大阪に4失点大敗しているので、守備大丈夫?っていう声も多かったし、ACL敗退もあったので、『CBの補強がー』勢からしたら物足りない戦力なんでしょうが…それでも、サガン鳥栖相手に守り切り、5試合連続クリーンシートという川崎フロンターレも史上初の記録達成。

やっぱりメンバーの名前や、数で試合をするわけではなく、今いるメンバーがどれだけ頑張るか、というのが大事なんだよな…。改めて、山村や塚川には感謝。

当たり前の話ですが、1点も取られないということは最低でも勝ち点1は取れるということですからね。全試合で無失点が続くわけではないですが、ある程度無失点が続けられるのであれば…その試合は勝ち点0になることはないってことですもんね!残り20試合のJ1リーグで圧倒的に有利と言えます。

今季リーグ戦14試合で12失点はリーグ3番目の少なさだけど、2つの敗戦で喫した8失点があるので、その試合がなければ、12試合で4失点という異常な少なさなんですよね。クリーンシート9試合はJ1最多ですし、敗退したACLでも4試合クリーンシートをしています。

得点が少ないために派手な試合は少なくなった印象ですが、それでも1-0でも勝てるチームになったのは大きいですよね。

明らかに疲れがたまっていた谷口彰悟が1試合強制的に休めるのは、難しい試合展開になることを覚悟しつつも、いい効果もありそうなので…次節しっかりとしたベンチワークで勝ち切ってもらいたいですね!

写真2000枚ぐらい撮った(主に森谷賢太郎、川井健太監督)から、帰ったらアップロードします(ハブ忘れた)。