川崎フロンターレ、谷口彰悟の劇的決勝弾!ヴィッセル神戸相手に苦しみつつ1-0で4連勝!ラスト1プレーの勝負強さ!

谷口彰悟

みんな大好きイニエスタ。やっぱりうまかったな…。

去年の圧倒的な強さはなくなったものの、勝負強さが身に付きましたね。

川崎フロンターレ、これで首位浮上。完全にスコアレスドローで終わる試合でしたが…ラスト1プレーのCKを決められるチームになったのは素晴らしいですよね。

谷口彰悟イケメン過ぎるし、小塚のプレイスキックも最後にあそこに蹴れるのは技術力の高さを示しているよね…。

苦しみながらも4連勝!帰国後無失点、全試合得点は続く!

ヤストや遠野が下がっても、小塚がプレイスキック蹴れるの大きすぎる。

試合の途中のデータの通りでしたね…。

今シーズンのCKで川崎フロンターレは5得点無失点、ヴィッセル神戸は無得点4失点と出ていたのですが…最後の最後のCKを川崎フロンターレが決めて6得点無失点、ヴィッセル神戸は無得点5失点に更新されました。

決定機は作りつつも最後の最後のところはきめられないというゲームでしたが、サイドの守備を捨てて6~9人が真ん中を締める神戸のディフェンスはきつかったですね…。ああいう守備を組織的にやってくるチームが増えたら、ここから苦しむかもしれません。

ただ、綺麗に崩そうと考えすぎてしまって攻め切れない部分もあるので、そこは修正していってもらう必要があるのかもしれないなと。

ただ、完成されていないこの状況の中で、首位に立っているのは本当に大きいなと。また守備陣が得点を決めているのも大きい。今日の試合も谷口彰悟が得点を決めましたけど、佐々木旭や、車屋、山根がしっかりと攻撃参加をして、前線にいるから得点機が多く作れていますよね。

レアンドロ・ダミアンや、小林悠、知念慶といった前のプレイヤーにはどうしてもマークがしっかりとついてしまうけど、それでも勝ち切れているのは守備陣がしっかりと点をとれているからこそ!

勝ながら修正していくしかないですからね!

谷口彰悟も得点シーンに対して、

自分のところにいいボールがきた。気持ちで押し込んだ感じです。

って言っていたように、技術力は前提条件で最後のところはメンタル。気持ちの差で勝ち切るしかないんですよね。

だからこそ川崎フロンターレは勝負強い、といわれる素晴らしいチームを作り上げられているんだと思います。メンタルで差を見せ続けましょう。

リーグ戦の連勝を4に伸ばし、鹿島アントラーズをかわして首位に浮上。

まだまだ13試合とはいえ、首位に立つのはやっぱり嬉しいですよね。

ヴィッセル神戸の組織的な守備は素晴らしかった!イニエスタあり、なしでチーム力に差

DF槙野がメンバー外も、チームとしての組織的な守備が素晴らしかったですね。

サガン鳥栖戦で途中出場で得点を決めた大迫もメンバー外だったのは川崎フロンターレにとって大きかった気がします。最後のところでやらせなかったのはそのあたりのクオリティの差があったのかなと。

ロティーナ監督は

大迫、槙野だけでなく、橋本、佐々木も含め、けが人にチームが苦しんでいることは否めない。

と苦しい台所事情だと言っていましたが…それでもチーム作りは上々だというのが見えましたね。シーズン途中からの指揮になるのはきついですが、さすがロティーナ。名将ですね。

イニエスタの交代までは本当にスぺクタルなプレーを繰り返していましたが、週末に試合があるので途中交代すると、川崎フロンターレに一気に流れが来ましたね。

後半開始からのビッグチャンスを決められないのが今神戸が順位的に苦しんでいる原因だろうな…という気はしますよね。

組織的な守備をしてくるチームが増えるかもしれませんが…それでもこじあける川崎フロンターレ、というのを見ていきたいですね。

4戦連続無失点での4連勝は川崎フロンターレ新記録

もう記録はないかな?って思っていましたが、まだまだありますね。

J1での4連勝ですが、全試合無失点は川崎フロンターレ史上初。今日の試合でJ1リーグ200試合を達成したチョン・ソンリョンの貢献度は高すぎる。前節の奈良ちゃんのシュートストップも素晴らしいし、前半も後半もピンチでの守備位置が本当にいいんですよね。

さらにロングキックもショートパスも前川と比較すると雲泥の差は正直ありました。シュートストップでいえば、前川も本当に素晴らしいGKだけど、足元の技術というところでいうと、チョンソンリョンに軍配が上がるというのはどのチームのサポーターも文句なしだと思います。

ソンリョンがいなかったら川崎フロンターレのタイトルはあと何年かかっていたかわからないですよね…。谷口彰悟、車屋のCBコンビが攻守に素晴らしいのはもちろん、SBの佐々木旭、山根、アンカーの橘田にとっても4戦連続のクリーンシートは自信につながるでしょうね。

ACL負けたことで、国内しか勝てないと揶揄されることが多いですが、大会が違うし比べることがナンセンス。浦和レッズや、ヴィッセル神戸がACLは強いけど、国内は弱い(実際は全然弱くないけど)…みたいなことを言っている人もいましたがそれもナンセンスな話ですよね。

全然違う大会で何で勝てないんだ!みたいなことをいうのって何の意味もないし、生産性もないので…川崎フロンターレは目の前の試合に1つ1つチャレンジして勝っていくことしかないですよね。

しかし、川崎フロンターレは最後の最後のCKでの得点確率高すぎるね…。勝つって気持ちいいよね…。