川崎フロンターレはI組(2022年ACL1次リーグ)。広州FC(中国)、ジョホール(マレーシア)、蔚山現代(韓国)vsポートFC(タイ)の勝者と対戦。

AFC

川崎フロンターレはまたもや…って感じの対戦相手ですねー。

広州FC、ジョホール、蔚山現代かポートFC。

川崎フロンターレはI組(2022年ACL1次リーグ)。

日本勢はJ1リーグ王者の川崎フロンターレ、J1リーグ2位の横浜F・マリノス、天皇杯王者の浦和レッズが本大会から、J1リーグ3位のヴィッセル神戸がプレーオフから出場。

川崎フロンターレはなかなかまたついていない感じですが…ACLとるぞ!っていうなら勝つしかないですよね。

蔚山にリベンジのチャンスですよ!!

川崎フロンターレ、2021ACL終戦。蔚山現代と120分スコアレスドロー、PK戦敗退。

J1王者の川崎フロンターレは、広州FC(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、東地区プレーオフ勝者3 (蔚山現代(韓国)vsポートFC(タイ))と同居するI組に入りました。

蔚山が勝てば、また蔚山とですね…。鬼木体制で毎回蔚山と対戦してない?っていう気持ちになりますね…。

ただ、ACLで勝つために今年も乗り込むわけで、どこと当たっても勝つ!っていう気持ちでないとね。

広州もこれまでの広州ではないわけで…勝ち切りたいですね。

ジョホール・ダルル・タクジムはマレーシアを代表するクラブですからね…。怖いチームです。

というか、アジアで簡単なチームはないので…しっかりとグループリーグを突破して、今年こそACL優勝しましょう!

ACL2022グループステージの組み合わせ

【東地区】

▼F組
山東泰山(中国)
浦和レッズ(日本)
ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)
東地区プレーオフ勝者4(大邱FC vs ブリーラム・ユナイテッド )

▼G組
BGパトゥム(タイ)
全南ドラゴンズ(韓国)
ユナイテッド・シティ(フィリピン)
メルボルン・シティ(オーストラリア)

▼H組
全北現代(韓国)
横浜F・マリノス(日本)
ホアンアイン・ザライ(ベトナム)
東地区プレーオフ勝者1(長春亜泰 vs 予選勝者)

▼I組
川崎フロンターレ(日本)
広州FC(中国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
東地区プレーオフ勝者3(蔚山現代 vs ポートFC)

▼J組
上海海港(中国)
チェンライ・ユナイテッド(タイ)
傑志(香港)
東地区プレーオフ勝者2(ヴィッセル神戸 vs 予選勝者)

【西地区】

▼A組
アルヒラル(サウジアラビア)
アルライヤン(カタール)
イスティクロル(タジキスタン)
西地区プレーオフ勝者3

▼B組
アルジャジーラ(UAE)
アルシャバブ(サウジアラビア)
ムンバイ・シティ(インド)
エアフォース・クラブ(イラク)

▼C組
フーラド(イラン)
シャバブ・アル・アハリ・ドバイ(UAE)
アハル(トルクメニスタン)
アル・ガラファ(カタール)

▼D組
アルドゥハイル(カタール)
セパハン(イラン)
パフタコール(ウズベキスタン)
西地区プレーオフ勝者1

▼E組
アルサッド(カタール)
アルファイサリ(サウジアラビア)
アルワフダート(ヨルダン)
西地区プレーオフ勝者2

東地区はプレーオフが来る3月15日に行われ、グループステージは4月15日から5月1日まで。

8月に行われる決勝トーナメントは1回戦から準決勝まですべて一発勝負。

1回戦を18~19日、準々決勝を22日、準決勝を25日に開催し、ホーム&アウェー形式の決勝は2023年2月19日に西アジアで、同月26日に東アジアで実施する予定。