チャナティップは川崎フロンターレ初のJリーグ提携国選手。累積9人目のブラジル以外の国籍選手ですね。

AFC

チャナティップ選手はタイ国籍なので、Jリーグ提携国枠選手!

Jリーグ提携国枠とは現在、タイ王国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8カ国でしたっけね?

チャナティップ選手は川崎フロンターレ初のJリーグ提携国選手。

チャナティップ選手の加入はInstagramのフォロワー数でも凄いぞ、ってつぶやいたのがプチバズり中。

本当にようこそ、チャナティップ選手!!

っていうところですが、戦力的にも提携国枠って、いうところがありがたいですよね。

外国籍枠をつぶさなくていいっていうのが一番大きい。

川崎フロンターレには初めて加入したJリーグ提携国枠選手で、川崎フロンターレには現在外国籍選手は、チョン・ソンリョン、ジェジエウ、マルシーニョ、レアンドロ・ダミアン、去就が微妙ですがジョアン・シミッチがいます。

ちなみにJリーグではアジア枠はとっくになくなっていて、現在ソンリョンは外国籍選手の一般枠ですのであしからず(ACLはアジア枠ある)。

ということで現在登録者数無制限のところ、川崎フロンターレは同時出場OKの5人しかいないわけですが、Jリーグ提携国枠選手は外国籍選手ではないとみなされるので…ジョアン・シミッチが残留したとして、

GK…チョン・ソンリョン

DF…ジェジエウ

MF…ジョアン・シミッチ、チャナティップ(提携国枠選手)

FW…レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ

の同時出場がOKということになっています。すげぇな…このチーム、強すぎるだろという気持ちになるチームですね。

ちなみにルヴァンカップ、天皇杯でも同様の規定があります。2022年のACLは試合は外国籍枠3+アジア枠1は変わらないみたいですが、予備登録時点での外国選手枠制限は撤廃されました。なので試合のたびに選手を選べるようになりそうです。

川崎フロンターレの過去の外国籍選手は82%はブラジル国籍

Jリーグ加入後の川崎フロンターレの外国籍選手というと…

川崎フロンターレの歴代外国籍選手(太字は新加入、色付きはブラジル国籍以外)

1999年(4人)…ティンガツゥットジェニウソンカドゥー

2000年(7人)…アルバレンガ(パラグアイ)マジーニョイジドーロペドリーニョリカルジーニョダニエルルイス

2001年(6人)…ダニエルエジミウソンエメルソンアイルトン、リカルジーニョ、ルイス

2002年(5人)…マルコマーロンベンチーニョマルキーニョアレックス

2003年(4人)…バルデス(パナマ)アウグストホベルチジュニーニョ

2004年(3人)…アウグスト、マルクス、ジュニーニョ

2005年(6人)…アウグスト、マルクス、フッキ(※ポルトガル国籍も保有)アラゴネイ、ジュニーニョ、チョン・ヨンデ(大韓民国)

2006年(5人)…マルコン、マルクス、マギヌン、ジュニーニョ、鄭大世(北朝鮮)

2007年(4人)…フランシスマール、マギヌン、ジュニーニョ、鄭大世(北朝鮮)

2008年(5人)…フッキ(ポルトガル国籍も保有)、レナチーニョヴィトール・ジュニオール、ジュニーニョ、鄭大世(北朝鮮)

2009年(4人)…レナチーニョ、ヴィトール・ジュニオール、ジュニーニョ、鄭大世(北朝鮮)

2010年(4人)…レナチーニョ、ヴィトール・ジュニオール、ジュニーニョ、鄭大世(北朝鮮)

2011年(1人)…ジュニーニョ

2012年(3人)…ジェシレナトレネ・サントス

2013年(6人)…ジェシ、レナト、パトリックアラン・ピニェイロロブソンアン・ビョンジュン(北朝鮮)

2014年(4人)…ジェシ、レナト、パウリーニョ、アン・ビョンジュン(北朝鮮)

2015年(4人)…エウシーニョ、レナト、アルトゥール・マイア、アン・ビョンジュン(北朝鮮)

2016年(4人)…エウシーニョ、エドゥアルド・ネットエドゥアルドチョン・ソンリョン(大韓民国)

2017年(6人)…エウシーニョ、エドゥアルド・ネット、エドゥアルド、ハイネル、チョン・ソンリョン(大韓民国)、タビナス・ジェファーソン(フィリピン)

2018年(6人) …エウシーニョ、エドゥアルド・ネット、カイオ・セザール、エドゥアルド、チョン・ソンリョン(大韓民国)、タビナス・ジェファーソン(フィリピン)

2019年(5人)…ジェジエウ、カイオ・セザール、レアンドロ・ダミアン、マギーニョ、チョン・ソンリョン(大韓民国)

2020年(5人)…ジェジエウ、ジオゴ・マテウス、レアンドロ・ダミアン、イ・キョンテ(大韓民国)、チョン・ソンリョン(大韓民国)

2021年(6人)…ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、レアンドロ・ダミアン、イ・キョンテ(大韓民国)、チョン・ソンリョン(大韓民国)、マルシーニョ

2022年(6人?)…ジェジエウ、ジョアン・シミッチ(?)、レアンドロ・ダミアン、チョン・ソンリョン(大韓民国)、マルシーニョ、 チャナティップ(タイ)

過去に所属していた外国籍選手は51人。

そのうちブラジル国籍以外は、フッキ(ブラジル代表・ポルトガル国籍も所属)以外でいうと…

  1. アルバレンガ(パラグアイ)
  2. バルデス(パナマ)
  3. チョン・ヨンデ(大韓民国)
  4. 鄭大世(北朝鮮)
  5. アン・ビョンジュン(北朝鮮)
  6. チョン・ソンリョン(大韓民国)
  7. タビナス・ジェファーソン(フィリピン)
  8. イ・キョンテ(大韓民国)
  9. チャナティップ(タイ)

の9人のみ。かなり珍しいんですよねー。42/51=82.3%はブラジル人選手なんですよね。

川崎フロンターレの外国籍選手はやっぱりブラジル人のイメージありますもんね…。

しかし全部振り返ってみると2011年のジュニーニョだけっていうの潔すぎるな…。

今年のチャナティップにはタイの販路も期待しています!