J1リーグ順位推移表を探しても欲しいの無かったから作成…。川崎フロンターレ強すぎる2020年と2021年の比較。

自分でJ1リーグ推移表を作ってみました。

そういえば、このブログ”フロサポデーターベース”ですからね…。

データまとめるの楽しいですよね。

改めて川崎フロンターレめちゃくちゃ強いな…。

J1リーグ順位推移表2021。川崎は7試合目から首位キープ中。

J1リーグの順位推移表をまとめてみました。

川崎フロンターレは7試合目(ACL組の節がずれているので、試合順にカウントしています)から首位に立ち、ずっと1位をキープしています。

一番乱高下しているのは鹿島アントラーズかな?アビスパ福岡もなかなかの乱高下。

比較として2020年の推移表もみてみると…2020年は4試合目から1位をキープし続けて優勝。

2020年最も乱高下しているのも鹿島アントラーズかな?最初の方そういえば最下位だったよなぁ。

浦和レッズは逆に最初の方調子よかったのが分かりますよね。

J1リーグ獲得勝ち点推移表2021。2020との比較も。

2021年の獲得勝ち点の推移表はこちら。

各チーム消化試合数が違うのでまとまってないですが…川崎フロンターレと横浜Fマリノスがかなり拮抗しています。

26試合目で勝ち点差1まで来たんですが…川崎フロンターレが1回しか負けないので、また突き放し始めました。

2020年の獲得勝ち点を見ると、川崎フロンターレが強すぎて…2位との勝ち点差がえぐいことになっていますね。

こうやって、推移表をグラフで見るとはっきりとわかりますね。

まとめ

これ毎年全部やろうと思ったらできるようにスプレッドシート作ったので、川崎フロンターレのJ1加入後のすべて純粋意表を創ろうと思ったら作れるんだな…。

2017年の大逆転優勝の時の推移表をつくったらおもしろそうだなー。

ちょっと時間かかるのですが、いろいろ遊んでみようと思います!