川崎フロンターレと、北海道コンサドーレ札幌のスタメン発表。シミッチ・小塚頼んだ!!勝ち点3を取りたいですね。

北海道コンサドーレ札幌サポーター

川崎フロンターレ、北海道コンサドーレ札幌のスタメンが発表されました。

北海道コンサドーレ札幌との試合は、リーグでは去年負けましたし、2019年ルヴァンカップでは優勝を争う死闘を演じました。

川崎フロンターレはシミッチが帰ってきました。

ベガルタ仙台戦でベンチ外だったので、なかなかボール供給がうまくいかなかった部分もありましたよね。

川崎フロンターレのスタメン発表!シミッチ・小塚頼んだ!

川崎フロンターレのスタメンはこちら。ベガルタ仙台との試合から変えてきましたね。

ジョアン・シミッチは12日の仙台戦は連戦の疲労を考慮され、メンバー外となりましたが…その試合は2-2のドロー。

北海道コンサドーレ札幌戦で去年悔しい思いをしたリベンジを果たしましょう!

シミッチが川崎フロンターレの新しい歴史を築いていますよね。

本当にフロンターレの選手は能力が高い。

監督をはじめコーチングスタッフのメンタリティーも素晴らしい。

クラブの施設や環境もビッグクラブに値するものが整っています。

このクラブに関わるすべての人が喜びを感じながら仕事できているのではないかなと思います。

ただし、自分たちは今の状況に満足していません。

これからもドンドン勝ち続けて新しい歴史をつくれるように努力しているところです。

もちろん札幌への警戒も怠っていません。

札幌は素晴らしいチーム。対戦するのには難しいチームだとも思っています。

彼らはポジションというものを特に決めずに、すごく動きのあるサッカーをします。

こちらがマークに付くのも難しいところがありますが、ただ自分たちに何をしなければいけないかと言えば、あくまで自分たちのリズム、スタイルをしっかり出すことです。

それがすべて。どれだけ自分たちのスタイルでプレーできるかだと思います。

レアンドロダミアンにしろ、ジョアンシミッチにしろ、ジェジエウにしろ、チョンソンリョンにしろ…川崎フロンターレに来る外国人選手の性格は本当に謙虚ですよね…。

献身的なプレーが魅力な選手たちばかりなのは、練習の時点から謙虚でフィットも早いからだと思いますよね。

素直な選手はチームへのフィットが早いよなぁ…。

川崎フロンターレのスカウトが本当に素晴らしいのは間違いないけど…来てくれる外国籍の選手に感謝しています。

小塚も先発面白いなー。ソンリョンも復帰だし、橘田もサブだし、途中から出てきてくれたらいいなぁ。

北海道コンサドーレ札幌のスタメン発表!DF陣が怖いですね。

北海道コンサドーレ札幌のスタメンはこちら。

DF陣がどこまで川崎フロンターレを止められるかですね。

福森晃斗も燃えていますね。前日練習の後、

ミシャも言っていたけど、連勝記録を止めたのも自分たち。その記録を止められるのも自分たちしかいない。その通りの結果にしたい。

と語っていました。

北海道コンサドーレ札幌は、まだ今季リーグ戦の連勝がありませんからね。それを狙ってくるはず。

北海道コンサドーレ札幌は中6日、川崎フロンターレは中3日。

JリーグNO1・川崎Fの対策を練れる。いい1週間。どちらが多くポゼッション出来るかが鍵になる。

と福森は語っていました。

田中駿汰も

去年は自分たちのサッカーが出来てしっかり完勝できた。みんなそのいいイメージが残っている。

みんなすごい気合が入っている。

と語っていたので…かなりきつい試合にはなりそうです。

鬼木監督は「マンツーマンの守備を崩すのがフロンターレ」と語りました。

22試合連続無敗の記録はサポーターやマスコミは盛り上がってしまいますが…鬼木監督は、

記録よりも、仙台戦は負けてはいないですけど、ああいう追いつかれ方をした。

その直後の試合でどういうゲームができるかが大事になる。

選手にもそういう話は常々していますが、その重要性は、無敗記録よりも大事にしなくてはいけない。

と、1戦必勝で勝ち点3しかみていませんでした。

ベガルタ仙台サポーター 川崎vs仙台は2-2ドロー。試合の締め方は課題ですが、勝ち点1ゲットでJ1無敗記録タイ記録達成!!

2020年11月の一戦は内容的にも相手のマンツーマンディフェンスに苦しみ、川崎フロンターレの持ち味を出すことができませんでした。

本来であれば、マンツーマンディフェンスに対しては一番、自分たちが崩していけるはずです。

そういう戦いをしなくてはいけない。

選手の出入りだったり、モビリティー、アイディアで崩していく、それを一番出せるはずのゲームでした。

昨年は色んなことが重なり合ったタイミングでの対戦でした。

12連勝したあとで、ちょうど憲剛の引退会見があったり、選手も色んな思いがある中で敗れた。

今回とはまた状況が違いますが、仙台戦でああいう形で引き分けたあとで、もう一回、と思っています。

『やらないわけにはいかない』という気持ちで挑みたい。

川崎フロンターレの強みを出せれば負けないと思います。だから2020年圧倒的な強さで優勝できたわけですし、2021年も無敗で来ているわけで…。

去年の自分たちをしっかりと超えていくために、去年と同じカードで負けるわけにはいきません!!

しっかりと勝ち点3を取りに行きましょう。

今年引き分けた後のゲームは全部大勝中ですからねー。この試合も大勝しましょう!

マンツーマンで相手が来たときに、それを崩していけるのがやっぱりフロンターレでなくてはいけないと自分は思っています。そういうゲームをしたい。

レアンドロダミアンvsアンデルソンロペスの得点王争いも

アンデルソンロペスと、レアンドロダミアンの対決面白いですよね。

現在、11得点はリーグ得点ランキング単独首位のアンデルソンロペス。

1点差の2位がレアンドロ・ダミアン。

アンデルソンロペスは12試合で11得点、レアンドロダミアンは15試合で10得点。

前節の徳島ヴォルティス戦で、アンデルソンロペスはJ1通算100試合目の出場。

その試合で、2得点をゲットしたの素晴らしいですよね。

宮代大聖がゴール決めまくってるのが嬉しいし、徳島頑張ってるんですが、アンデルソンロペスに完全にやられてしいまいましたよね。

アンデルソンロペスは

ゴールを決めるための準備はしっかりしてきた。

我々のサッカーをしっかり示すことができれば勝てる。フロンターレ相手でも連勝していきたい。

と語り、ミハイロ・ペトロビッチ監督も

選手たちはしっかり回復させ、オフの動きの質、タイミング、ダイレクトのコンビネーションを今週練習の中でトレーニングしてきた。チームの状態は決して悪くない。

と言っていましたからね…。

この二人のブラジル人FWの争いは楽しみですが…レアンドロダミアンにしっかりと決めてもらって勝ち点3を取ってもらいたいですね!