名古屋グランパス、マッシモ・フィッカデンティ監督新型コロナウイルス陽性確定…。本当に悔しい…。

斎藤学

5/4に行われる第2ラウンド、名古屋グランパスとの試合はまた、ブルーノ・コンカコーチの指揮で行われることになりそうです。

マッシモ・フィッカデンティ監督新型コロナウイルス陽性確定

名古屋グランパスは4月30日、マッシモ・フィッカデンティ監督に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表しました。

めちゃくちゃ、残念…。

4月29日の川崎フロンターレの試合を欠場していましたが、その後のPCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が確定しました。

症状が喉の痛みだけのため軽症と判断され、今後も自宅療養となる見通し。

マッシモ・フィッカデンティ監督の経過(クラブ発表)

4月27日(火)トレーニング参加(体温36・4℃)

4月28日(水)トレーニング参加(体温36・4℃)

4月29日(木・祝)喉の痛みあり(体温36・7℃)。オンサイト検査で判定保留、PCR検査で陽性

4月30日(金)喉の痛みあり(体温36・5℃)。喉の痛み以外の症状がなく軽症のため自宅で静養中

という流れでした。

すべてのクラブがこういう風に毎日体温をしっかりと計っているし、現状の症状を報告するようにしていると思うので、こういうJリーグの努力がもっともっと伝わればいいなぁと思います。

そして、改めて、大一番の前に自ら調子の悪さを報告したマッシモ・フィッカデンティ監督に敬意をはらうとともに、今後何事もなく快方に向かうことを願っています。

名古屋グランパスの選手、スタッフは陰性反応

名古屋グランパスの選手、スタッフ、トップチーム関係者の合計54人がPCR検査を受けており、同監督を除く53人は陰性判定でした。

名古屋グランパスは今後、地元保健所とともに濃厚接触者の特定を進めていくとのことです。

川崎フロンターレとの試合前に欠場していたマッシモ・フィッカデンティ監督は、オンサイト検査をしていたのですが判定保留となったため、Jリーグの試合登録エントリー要件を満たせず、ベンチ入りできませんでした。

2位の名古屋グランパスは5月4日に首位に立つ川崎フロンターレとの試合(等々力陸上競技)が控えており、再び指揮官不在での天王山を迎えることになりました。

前回の試合、指揮官の不在が響き、修正が遅れて4得点で川崎フロンターレが勝利したのですが、コンカコーチの指導がどうなっていくのか、気になりますね。