相馬直樹コーチが新監督就任!鹿島アントラーズのザーゴ監督解任…。

鹿島アントラーズ

今シーズンは降格もある中、現在15位2勝2分4敗ですからね…。解任やむなしと言えそうですね…。

川崎フロンターレのサポーターとしては、相馬直樹監督時代が一番の暗黒期だったともいえるので…その後町田ゼルビアでの手腕が発揮されたとはいえ、ちょっと不安になる人事だというのは間違いありません。

鹿島アントラーズのOB兼川崎フロンターレのOBでもある相馬直樹氏が鹿島アントラーズのザーゴ監督の後釜に据えられることになりました。

鹿島アントラーズの新監督に相馬直樹コーチが就任!

鹿島アントラーズは4月14日、今シーズンの成績を総合的に判断したうえでザーゴ監督との契約を解除することになったと発表がありました。

相馬直樹コーチを就任させていた時点で、こういうこともあるんだろうなと思っていたんですが…思ったより早かったですね。

J1リーグ残り30試合の段階で解任となりましたか…。

 

相馬直樹新監督は現役時代に鹿島アントラーズで9年間プレー。

1994年、早稲田大学から加入し、4度のリーグ優勝を含む数々のタイトル獲得に貢献。

さらに日本代表としても通算58試合に出場、1998年のフランスワールドカップに出場。

2002年には東京ヴェルディに期限付き移籍し、翌年に鹿島に復帰。

2004年に川崎フロンターレに完全移籍してJ1昇格に貢献。

翌年限りで現役を引退。

 

その後川崎フロンターレ、日本代表のアンダーカテゴリーで指導経験を積み、町田ゼルビアで監督スタートし、川崎フロンターレの監督になると…ね、いろいろありましたね…。

再昇格後で唯一といってもいい残留争いをした記憶。2011年は11位に低迷。

2012年も開幕2連勝のあと公式戦5戦勝ちなしと低迷し、2012年4月11日に解任されました。

川崎フロンターレでの監督成績はリーグでいうと…。

相馬直樹監督の川崎フロンターレのJ1リーグ成績

2011年13勝5分16敗(11位)

2012年2勝1分2敗(11位※解任時現在)

 

川崎フロンターレの監督解任後は、モンテディオ山形のコーチ、町田ゼルビアでの監督としてJ3からJ2への昇格を達成したりと、ようやく手腕が発揮された印象ですね。

そして、去年ザーゴ新監督が就任する鹿島アントラーズのコーチに就任し、ザーゴ監督のやりたいサッカーを一番近くで見ていたいといえます。

ザーゴ監督、リアクションからのアクション道半ばでの解任

ザーゴ監督就任1年目となった2020年は、チームはクラブワーストとなる開幕4連敗を喫したものの、徐々に立て直し、シーズン中盤には7連勝を達成するなど、最終的には18勝5分11敗の勝ち点59で5位フィニッシュ。

結局鹿島アントラーズは凄いなと思っていたんですが…それでも今シーズンはうまくいかなかったなー。

黒星スタートで、2試合目で初白星を獲得しながらも、開幕6試合で1勝1分4敗と昨季に続いてスタートダッシュに失敗。

直近の第9節札幌戦では2点を先行しながらも逃げ切れずに2-2のドロー。

8試合消化時点で2勝2分4敗の勝ち点8で15位。

ザーゴ監督の2020-21シーズン通算成績

J1リーグ通算
42試合 20勝7分15敗

ルヴァン・天皇杯カップ通算
5試合 3勝2敗

AFCチャンピオンズリーグ通算
1試合 1敗

公式戦通成績
48試合 23勝7分18敗

ザーゴとしてはトータルでは勝ち越しているんですよね。ただ、やっぱり今シーズンは降格もあるし、鹿島アントラーズですからね。

やっぱり勝ち点3にこだわる姿勢を見せてくるんでしょうね。

個人的にザーゴさんを我慢すれば強くなるとは思っていたのですが…難しかったか…。

本当に面白いサッカーをしていたし、沖悠哉、荒木遼太郎、 関川郁万、上田綺世といった若いメンバーを使って、活性化を図っていた気もするし、これが上手く組み合えば…という感じだったんですけどね…。

相馬直樹監督で立て直せるのか?というのはかなり気になるな。