原田虹輝がついにプロ初出場!ガイナーレ鳥取で武者修行中の20の若武者!チェルシー戦にベンチ入りして以来でした。

原田虹輝は、後半頭から可児くんに変えてプロ初出場。

…この文面だけ見ると川崎フロンターレっぽさが強すぎるw

原田虹輝がガイナーレ鳥取でついにプロ初出場!

ガイナーレ鳥取MF原田虹輝が、プロ3年目でJリーグ初出場。

ベンチ入りをしていましたが…後半頭に可児壮隆と交代で出場しました。

川崎フロンターレでの昨季までの2年間は公式戦出場ゼロ。

期限付き移籍でプレーする今季は実戦経験を積むべく、持ち味を発揮する決意を新たにしていましたから…ついに出場したのは嬉しい限り。

2点ビハインドのなか、

原田虹輝のコメントはこちら。

自分は2点ビハインドの状況から試合に入ったんですが、逆転の可能性はあったと思いますし、ゴール前での精度だったりを自分がもっと上げていけていれば逆転できたかなという思いです。
(次戦に向けての意気込み)何としてでも勝ち点3を取りにいきたいですし、その中で自分がもっともっとチームのためにできることを練習から出していきたいと思います。

ちなみに…原田虹輝はチェルシー戦以来のベンチ入りでした

プロ3年目の原田虹輝J1リーグやルヴァンカップでのベンチ入りはなかったものの…チェルシーとの試合でベンチ入りしていたんですよね。

⇒ゲーム記録

このチェルシー戦はけが人が多かったこと、移籍した選手が多かったこと、そしてベンチ入りメンバーが28人までOKという特殊なレギュレーションだったのでベンチ入りが実現した感じですよね。

このチェルシー戦では大学リーグが中断期だった内定後のイサカゼインと原田虹輝がプロ入り初ベンチ入りで川崎フロンターレとチェルシーの試合をベンチで見ることができました。

 

チェルシー戦にベンチ入りした原田虹輝は試合後に

スタジアムの雰囲気というか、それに圧倒されて。

いつもこういう緊張感で高いパフォーマンスでみんな試合してるんだなと思って。

アップだけでもいつもの練習試合とかとは違った緊張感がありましたし、声も通らないし。

その中でこんな勝って、強いチームの中に居れてるのはすごいんだなと感じました。

と語っていましたね。

 

原田虹輝はこれからもっともっと試合に絡めるかな?

結果的にプロ初出場となったテゲバジャーロ宮崎戦は1-2敗戦。

0-2の前半から考えれば1点取り返した…ともいえるのですが、宮崎はこれで3位浮上。

鳥取は12位となり…なかなか難しい現状もありますよね。

 

後半8分には、ガイナーレ鳥取は小牧が味方とのワンツーでペナルティエリア中央へ進入し、タッチが大きくなったところに原田が反応し、プロ入り後初シュート。

GKに正面で処理されましたが得点を狙っていましたね。

さらに後半43分には、原田が味方と細かくパスをつないでペナルティエリア手前の中央へボールを運んでチャンスを作っていましたから…ここからもっともっと試合に絡むようになれそうだなと。

そういう希望の見える瞬間でしたよね。

 

プロはやっぱり試合に出続けることが一番だと思いますので…J3でめちゃくちゃ活躍して、川崎フロンターレに帰ってきてもらいたいですね!!

ここからここから!!