丹野研太、川崎フロンターレでJ1初先発!三笘薫2発快勝!大分トリニータにアルゼンチン戦の悔しさをぶつけましたね!

怪しい二人

チョン・ソンリョンがケガ?でベンチにもいない状況でも、しっかりと準備してきた丹野研太がいることが川崎フロンターレにとってどれだけプラスか、改めて再認識する試合になりましたねー!!

大分トリニータ戦に悔しさをぶつけた三笘薫

しっかりと三笘薫が結果を出しましたね。

ノボリが復帰、旗手は前に行き…という面白いスタメンでしたが、主役は三笘薫でしたね。

中断明けの初戦で川崎フロンターレは3月21日の浦和戦から4人を変更。

 

序盤から川崎フロンターレのペースでしたが、なかなか点が入らず…という状況でしたが前半39分に均衡を破ったのは三笘薫でした。

登里が切り込んで倒されて獲得した、PA左隅の位置でFKのチャンス。

キッカーのMF脇坂泰斗が低い弾道のボールを入れると、相手に当たって中途半端なバウンドになったボールを三笘薫がきれいに合わせて先制点!

 

さらに、後半の21分にはレアンドロダミアンが高木駿に詰めてパスの出し場所を狭めると、そこに詰めた三笘薫がボール奪取。

そのまま右足アウトで高木駿の脇を抜いて、2点目。

そのまま川崎フロンターレが2-0で完封勝利をおさめ、今季7勝目。

大分トリニータはこれで3連敗。

 

三笘薫はアルゼンチン相手に悔しい気持ちを抱えていたようで…

自分のプレーができず、他の選手はできていて悔しい思いがあった。Jリーグで結果を出すしかないと思ってプレーしていた。

と語っていました。

 

ここからもっともっと点を取ってもらいましょう!そして、しっかりと世界大会でも結果を出せる三笘薫になってもらいましょう!!

丹野研太、川崎フロンターレでJ1初先発!

しっかりとベンチで大きな声を出していた選手をサッカーの神様はちゃんと見てるよなー。

丹野研太がいてくれることは本当にありがたいよなー。

チョン・ソンリョンがどういう状況なのかわかりませんが、それでも丹野がいてくれれば大丈夫だと、そう思える存在がいるのはありがたい。

新井章太もそうだけど、本当にサボらないよな…。サボらない選手を取ってくるのは本当にうまい。

というか…当たり前だけど、川崎フロンターレの攻撃陣を相手に練習しているんですもんね…。

そう考えたら圧倒的に、シュートストップうまいはずだし、川崎フロンターレの攻撃陣以上の攻撃陣はJ1リーグにいないと思っているので…丹野がしっかりと無失点でクリアしてくれたのは本当にうれしいです。

あと、古巣大分トリニータ相手に先発っていうのもうれしかっただろうね!

おかえりなさい、ノボリ!復帰初戦で得点に絡むFKゲット!!

初のベストイレブンに選出された昨シーズン、12月19日の最終節・柏レイソル戦で左鎖骨を骨折し、負傷離脱。

不在の期間はU-24日本代表MF旗手怜央が活躍している状況で悔しい思いを抱えていたと思いますが…さすがノボリ、というプレーでしたねー!!

久しぶりに帰ってきてすごく緊張感がありましたし、危機感もあった中で試合を迎えた。

ホーム等々力ですごくいい雰囲気で迎えてくれて、後押ししてくれて、心強かった。

サッカーもそうですし、等々力も最高だなと改めて感じました。

 

最初の得点もノボリの仕掛けから得たFKからでしたからね。

本当に旗手怜央も素晴らしかったけど、やっぱりノボリも最高なんだよなー。

よりパワーを持って自分から仕掛けていくことは意識していたし、ああいうランニングは継続して続けたいと思う。

なんとなくですが、ノボリがいると本当にチームの雰囲気がいいんだよなー。ゲームじゃないけど、ムード〇になるというか。

ノボリらしくどんどん活きのいいプレーをしてもらって、点に絡んでいってもらいたいですね。

ジョアン・シミッチがフル出場!王様誕生かな?

ジョアン・シミッチがしっかりと90分フル出場をしたのが本当にうれしかったですね。

トラップが大きくなる瞬間を狙われていたり、パスコースを切られてしまった部分はあったけど、前につけるパスは本当にすごいし、周りとの連携もどんどん良くなってきている印象。

2週間のインターバルがシミッチにとっては本当にプラスに働いているんでしょうね。

フル出場したシミッチの走行距離は13.1km。

川崎フロンターレといばボールを走らせて、自分たちはそこまで走らないというサッカーですが、シミッチはパス回しもうまいし、相手のボールを取りに行くところはしっかりと取りに行けるし、体の使い方はやっぱり素晴らしいものがありましたね。

素質はもともと素晴らしいものがあったのは知っていたし、今までのプレーには納得していなかったのはサポーターもそうですが、ジョアン・シミッチ自身が一番納得いってなかったでしょうね。

シミッチがフルタイムであのクオリティ出せるならもうほぼ問題なくなってるってことだなと。

そして、大島僚太が帰ってきて、対戦相手が絶望する未来が見えてきましたね。

小林悠と、旗手怜央は大丈夫かな?怪我かな…

相手選手と衝突して、起き上がれないシーンがあり、試合が終わった後のスタジアム一周の挨拶もなし。

小林悠はゴールも目指していたところはあったのですが、なかなか難しいところがありましたね。

大きなけがではないといいなと思います…。

 

また旗手怜央は登里の復帰を受け、存在感を放っていたSBではなく、インサイドハーフとしてプレー。

ただ前半終了直後にピッチでコーチと話し込んでいたように、ポジショニングは迷っていた印象ですね。

ボールロストも結構多かった印象だけど、それはそうだよな…。

 

途中交代したのは足を痛めたからっぽいのでそれも心配ですね…。

東京五輪はさておき、旗手怜央がいないのは川崎フロンターレにとって本当に厳しいですからね…。

二人とも大きなけがでないことを祈ります。

 

時間を置かずに、水曜日にサガン鳥栖戦なのでメンバー変わるんだろうなー。

どんなメンバーでもしっかりと勝てるようなチーム作りをしてくれていると思っているので、信頼していますけどね!!

やっぱり勝つと最高の週末だなー。

 

あと試合後の高木駿、下田北斗、ポープウィリアム3人の挨拶も素晴らしかったので、本当に気持ちいい日曜日ですね!!