サッカー日本代表2021年初戦、韓国戦メンバーは誰になる?国内1年4か月ぶりの開催。

日本代表にこんなに川崎フロンターレの選手が呼ばれることもないので、ワクワクがなかなか止まらない日本代表戦。

それぞれの背番号が発表されましたね。

韓国・モンゴル戦のサッカー日本代表背番号発表

サッカー国際親善試合、日本代表vs韓国代表が3月25日、日産スタジアムで行われます。

日本代表は南野拓実ら海外組9選手のほか、Jリーグから14選手を招集。

日本代表にとって2021年初の対外試合。

韓国・モンゴルと戦う日本代表との試合。

その背番号が発表されました。

山根はクラブと同じ13番。脇坂泰斗は17番。

守田英正は5番。

GK
1 西川周作(浦和レッズ)
12 権田修一(清水エスパルス)
23 前川黛也(ヴィッセル神戸)

DF
2 松原健(横浜F・マリノス)
3 小川諒也(FC東京)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
13 山根視来(川崎フロンターレ)
16 冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
20 中谷進之介(名古屋グランパス)
22 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)

MF
5 守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
6 遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
7 江坂任(柏レイソル)
8 稲垣祥(名古屋グランパス)
9 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
10 南野拓実(サウサンプトン/イングランド)
11 古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
14 伊東純也(ヘンク/ベルギー)
17 脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
21 川辺駿(サンフレッチェ広島)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
18 浅野拓磨(パルチザン/セルビア)

サッカー日本代表予想フォーメーションはこちら

まぁ、みんな一緒の予想になりそうだけど…

 

権田修一

佐々木翔、吉田麻也、冨安健洋、山根視来

遠藤航、守田英正

伊東純也、鎌田大地、南野拓実

浅野拓磨

という11人が先発になるのではないでしょうか?

 

GK清水エスパルスの権田修一はJリーグで高パフォーマンス中。韓国戦は権田でしょうね。前川も見たい!

 

DFはセンターバックは吉田麻也冨安健洋の2人が選ばれた以上、中谷進之介、畠中槙之輔のダブルしんのすけは出れるかなー。微妙だろうな。

左サイドバックはライバル少ないけど小川諒也がやるか、サンフレッチェではCBやってる佐々木を使うかは迷うけど…森保さんだし、佐々木翔かなー。

右サイドバックは山根視来1択でしょう。松原健も呼ばれてるけど…さすがにここは山根を使いそう。

 

ダブルボランチは、遠藤航の相方探しになるでしょうね。遠藤は確定。ブンデスでも結果出していますからね。

1歩リードしているのは守田英正かな。しっかりと海外でも結果を出している守田英正が日本代表でも結果を出してくれることを願っています!!

稲垣祥っていう手もありますけどね…。川辺も見たいけど。

2列目は南野拓実伊東純也鎌田大地を使うんだろうな。海外組ばっかりになっちゃうからつまんないけど…江坂、脇坂あたりが絡めるとうれしいなと。

 

FWは浅野拓磨でしょうね。

パルチザンで2年目。セルビアリーグで27試合に出場し16ゴール8アシストを記録。カップ戦でも3ゴール1アシストと、大活躍中。

日本でもドイツでもなかなか結果が出なかった時に、常に試合に出続けられる環境ではなかったです。

とスタートからコンスタントに出続けることで、結果を出し続けてる選手をサブから使うのはナンセンスですよね。

大迫は年明け初戦以降一度も先発がなく、直近でほとんど試合に出ていないからね…。

 

大迫勇也については

昨日の練習を見る限りでもコンディションはすごく良くて、しっかり練習できていることを確認できました。

試合感覚がどうなのかという部分はありますが、十分経験がある選手なので、チームの中でどうプレーすれば力を発揮できて、チームのためになるかは分かっていると思う。

と森保さんが言っていましたけどね…。

それでも大迫先発だとしたらクラブの成績無視になるので…浅野が先発であるべきだと思います。

2021年初戦であり、国内開催は約1年4か月ぶりとなるサッカー日本代表戦。

日本代表と韓国代表は過去76回対戦し、日本の13勝23分40敗。現在は2連敗中。

日本代表が最後に勝利したのは2013年なんですよね…。

森保一監督

明日の試合、韓国との親善試合ということで、お互いを高め合えるライバルと、そしてアジアを引っ張っていく仲間として良い試合をできればと思いますし、試合を見てくださる方々に『試合をやってよかったね』と思っていただけるようなアグレッシブな試合をできればと思っています。

とコメント。

 

メンバー選考については、

ベストメンバーで臨みたいと思います。

そのベストメンバーということですけど、コンディションも昨日全体で練習できて、今日の練習でもコンディションを確認した上で、ベストなメンバーを見出したいと思います。

できれば招集したすべての選手に先発で出て欲しいですけど、それは不可能なことなので、試合の状況を見ながら選手の起用も考えていきたいと思います。

 

森保一監督は誰を出すんでしょうね?

韓国代表メンバーはこちら

韓国代表メンバーはJリーグからも3人が呼ばれています。

キム・ジンヒョン、キム・スンギュの2人のGKに加えて、ガンバのキム・ヨングォン。

GK
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
キム・スンギュ(柏レイソル)
チョ・ヒョヌ(蔚山現代)

DF
パク・チュホ(水原FC)
キム・テファン(蔚山現代)
キム・ヨングォン(ガンバ大阪)
ホン・チョル(蔚山現代)
キム・ヨンビン(江原FC)
パク・ジス(水原FC)
ウォン・ドゥジェ(蔚山現代)
ユン・ジョンギュ(FCソウル)

MF
キム・インソン(蔚山現代)
チョン・ウヨン(アル・サッド)
ナム・テヒ(アル・サッド)
チョ・ジェイワン(江原FC)
ナ・サンホ(FCソウル)
イ・ドンジュン(蔚山現代)
イ・ジンヒョン(大田ハナシチズン)
イ・ドンギョン(蔚山現代)
チョン・ウヨン(フライブルク)
イ・ガンイン(バレンシア)

FW
イ・ジョンヒョプ(慶南FC)
チョ・ヨンウク(FCソウル)

監督
パウロ・ベント

 

過去にJリーグで活躍していたナ・サンホ(FCソウル)、チョン・ウヨン(アル・サッド)、イ・ジョンヒョプ(慶南FC)、パク・チュホ(水原FC)あたりも呼ばれているので、Jリーグ好きにもたまらないラインナップですね。

 

もともとは、チュ・セジョン(ガンバ大阪)も呼ばれていましたが、コロナ陽性で離脱。ソン・フンミン(トッテナム)も負傷で離脱となりました。

相手はソン・フンミンら複数の主力選手こそいないが、日本代表にとってはかなり厳しい試合になるでしょうね。

 

特に日本の久保建英と同様に若いころから韓国の至宝として、注目されていたバレンシアのイ・ガンインを見れるのはうれしいな。

バレンシアで活躍する20歳は、ここまでラ・リーガで19試合に出場。得点こそないものの、4アシストを記録。

バレンシアとのクラブの契約延長が進まず、退団の可能性が報じられているが、プレーは高いレベルを保っています。

 

森保監督も

マッチメイクをしてもらうにあたって、関係者の方々にお願いしているのは、より強いチームと対戦をさせてほしいと。

その時に対戦できる選択肢のなかで一番強いチームと対戦させてくださいとお願いしている中で、今回韓国という強い相手、素晴らしい相手と戦うことが可能になって、この試合が我々のレベルアップにつながるということでチャレンジしていきたいと思いますし、アグレシッブに戦っていきたいと思います。

と語っていました。

 

やっぱり試合は強い相手とやって初めてレベルアップできますからね…。

たんなる国際親善試合にしてしまってはもったいないですから…選手選考をしっかりやって、見ている人が楽しいと思える試合をやってもらいたいな…。