川崎フロンターレvsガンバ大阪マッチレビュー。4年で3度目のリーグ制覇達成!

勝てば優勝、という試合で、今まで苦しんできた川崎フロンターレ。

昨日勝てたのは本当にうれしいですね!!

川崎フロンターレvsガンバ大阪マッチレビュー。

 

いうことないですね。完璧な試合でした。

ガンバ大阪も素晴らしいサッカーをしていて、そこに川崎フロンターレの素晴らしいサッカーで勝った。

 

今シーズンの川崎フロンターレのいいところすべて詰まった試合でした。

そしてガンバ大阪も勝ちに行った結果の5失点。

 

最高の90分でした。

川崎フロンターレは強い!!

前半22分にノボリの完璧なクロスからレアンドロ・ダミアンのゴールで先制すると、家長昭博がさらに3点を加えてハットトリックを達成。

終了間際に齋藤学も5点目を加え、文句無しの完勝で優勝を決めました。

大島僚太から中村憲剛へのキャプテンマークのつけなおしは本当に感動的だったし、小林悠は優勝した瞬間に中村憲剛に抱きつきに行くし…素晴らしい瞬間でした!!!

ホームでシャーレを掲げられたのは素晴らしいですね。

記録ずくめの3度目の優勝!

30試合で24勝3分3敗。

4試合を残しての優勝は18チーム制のJ1では史上最速を更新する記録。

この勝利で勝ち点を75に伸ばしていて、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズが記録していた勝ち点74の最多記録を更新。

年間24勝も単独最多記録。

年間最多得点記録は2006年の川崎フロンターレの記録した84(ジュビロの108は制度違うので…)。

さらに、2位との最多勝ち点差、最多得失点差も達成可能性高いですからね。

今シーズンの川崎フロンターレは本当に強かった!

 

2017年、2018年にも優勝を飾っていた川崎フロンターレは最近4シーズンで3回目の優勝。

ヴェルディ川崎が2回なので、それを抜けたのもうれしい。

川崎で一番Jリーグ王者になっているのは、これで名実ともに川崎フロンターレになりましたね!!

 

鹿島アントラーズが8回のリーグ王者なので…めちゃくちゃ遠いですが…マリノスの4回に次ぐ3位タイ(磐田、広島)となりました。

勝てば優勝というゲームで、しっかりと勝てたことが大きい。

すべてのスポーツ新聞と、神奈川新聞買ってきました!最高!

2位ガンバ大阪との直接対決でもしも負けていたら…残り4試合でどうなるかわからなかった状態だったかもしれません。

そういう流れで2017年大逆転優勝できた川崎フロンターレにとって、ガンバ大阪に大逆転優勝されることもないとは限らなかったと思うんですよねー。

もちろん川崎フロンターレを信じていましたが…今までのJリーグではそういう大逆転劇が多かったのも事実。

そして、川崎フロンターレにとってはそういう試合に弱かったのも事実。

だから川崎フロンターレが昨日の試合、5-0で快勝できたのは本当にうれしい限り。

新しい扉を開いた感じがしますよね…。来年も強そう!!

あとまだ4試合あるからね、全部勝って終わりましょう!!