ACL出場の横浜Fマリノス、ヴィッセル神戸、FC東京が36人を2種登録!新型コロナ対策。

Jリーグは、登録選手の追加・変更・抹消を発表しましたが…

ACLに向かうメンバーがいるFC東京、ヴィッセル神戸、横浜Fマリノスが大量に選手を登録しましたね。

 

ACL出場の横浜Fマリノス、ヴィッセル神戸、FC東京が36人を2種登録!

11月中旬からカタールで集中開催されるアジア・チャンピオンズリーグに出場するFC東京、ヴィッセル神戸、横浜Fマリノスは下部組織から計36人を2種登録しています。

新型コロナウイルスの影響によって1次リーグ途中で中断しているACL東地区は11月中旬から12月中旬にカタールで集中開催される予定で、西地区のペルセポリス(イラン)との決勝はJリーグ最終節と同日の12月19日となっています。

日本から参戦する3チームは帰国後に選手の隔離措置が必要であるため、ACLの決勝に進んだ場合も含め、2チーム編成が必要となる可能性があり、そのための選手登録となっています。

すでに大量に選手を登録しているイメージのある横浜Fマリノスは3名、ヴィッセル神戸は16名、FC東京は17名の登録となりました。

FC東京は、ユース所属17選手をトップチーム2種登録!

FC東京で登録された17名はこちら。

GK

彼島 優(かのしま ゆう)

田中 七星(たなか ななせ)

西山 草汰(にしやま そうた)

DF

佐藤 恵介(さとう けいすけ)

古屋 颯眞(ふるや そうま)

小林 慶太(こばやし けいた)

新 良介(しん りょうすけ)

森田 翔(もりた しょう)

MF

常盤 亨太(ときわ きょうた)

梅原 翔琉(うめはら かける)

角 昂志郎(すみ こうしろう)

大迫 蒼人(おおさこ あおと)

梶浦 勇輝(かじうら ゆうき)

安田 虎士朗(やすだ こじろう)

谷村 峻(たにむら しゅん)

FW

青木 友佑(あおき ゆうすけ)

野澤 零温(のざわ れおん)

1次リーグF組のFC東京は2019年8月31日に16歳17日でJ3デビューを果たしているMF安田虎士朗(17)ら17人を登録しています。

横浜Fマリノスは、ユース所属3選手をトップチーム2種登録!

マリノスで登録されたのはこの3名。

DF

諏訪間 幸成(すわま こうせい)

MF

山根 陸(やまね りく)

西田 勇祐(にしだ ゆうすけ)

 

H組の横浜Mは17歳の選手を3人登録しています。

マリノスはすでに人数足りているという印象なのかな?

それまでに結構メンバー集めてい対象だから若手メンバーを昇格させずに対応した感じですね。

ヴィッセル神戸は、ユース所属16選手をトップチーム2種登録!

ヴィッセル神戸が登録したのはこの16名。

GK

マンビ マーカス

DF

田代 紘(たしろ こう)

寺阪 尚悟(てらさか しょうご)

藤本 颯真(ふじもと そうま)

村井 清大(むらい せいた)

MF

 荒井 貫太(あらい かんた)

泉 彩稀(いずみ さいき)

押富 大輝(おしとみ たいき)

佐伯 清之助(さえき しんのすけ)

佐々木 貴哉(ささき たかや)

永澤 海風(ながさわ みかぜ)

FW

五味 郁登(ごみ いくと)

冨永 虹七(とみなが にいな)

堀 海斗(ほり かいと)

三浦 敏邦(みうら としくに)

森田 侑樹(もりた ゆうき)

 

G組の神戸は16人を登録。

2005年1月生まれの15歳MF永沢海風(みかぜ)も含まれています。

 

ここで書いた名前が数年後にはJリーグの、海外リーグの中心で活躍してるかもしれないと思うと、面白いですよねー。

各チームにはACL頑張ってきてもらいたいね!!