川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島マッチレビュー。対策されても2-0快勝!2度目の10連勝!小林悠の怪我だけ心配…

川崎フロンターレは負けませんね…。

引き分けすらしないのすごすぎるよね…

23試合で、10連勝2回目。

1分⇒10連勝⇒1敗⇒1分⇒10連勝

すごすぎない??

川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島マッチレビュー。

アウェイのサンフレッチェ広島戦ですが、前半ビッグチャンス結構ありつつ、0-0で終わったのとか、研究されてるな…っていう感じでしたよね。

ただ苦しい試合でも勝ち点3を稼げるのが今の川崎フロンターレ。

 

前節からスタメンを8人を変更したこの試合面白かったなー。

前半10分のチョン・ソンリョンのロングフィードからのレアンドロ・ダミアン面白かったなー。

荒木、佐々木がつぶしたけど、あれゴール決まってたらソンリョンのすごいプレーでしたよね。

そのあと斎藤学のシュートも惜しかった…。

 

前半は点を取れずでしたが、またもや交代選手が結果を出しましたね!

55分の交代カードで、脇坂、齋藤⇒三笘、旗手と変えたすぐ後に、ノボリのクロスをレアンドロ・ダミアンがヘディングシュート!

ようやくゴールを決めましたねー!!ノボリのクロスも目の前のDFを完璧に飛び越える素晴らしいドンピシャクロスでしたが、あのクロスに強いヘディングできるのがさすがダミアン。

アディショナルタイムにも旗手からのパスを三笘が決めて、2-0での快勝!1シーズン2度目の10連勝達成。

鬼木監督

自分たちで自分たちの記録を超えようとスタートした。

スタートラインに立ったと思う。次が大事。

次の相手は名古屋グランパス。前回止められた連勝記録に再度挑戦することとなりました。11連勝しましょうね!

三笘薫リーグ10得点!ルーキーの二桁得点はJ1史上5人目!

三笘薫がついにリーグ10得点決めましたね!

ここまでの選手だとは思ってなかったな…。

 

J1でのルーキー10得点は5人目。

城彰二(1994年、12点)

渡邉千真(2009年、13点)

金園英学(2011年、12点)

武藤嘉紀(2014年、13点)

に次いで5人目。

 

あと11試合で4得点以上すれば、13得点を超えて新人記録にもなります。

 

選手層の厚い川崎フロンターレの中でも…というか、J1リーグの全チームの中でも唯一無二の特異なヌルヌルドリブルで、ゴールを量産するルーキー。

他チームのサポーターの中にも日本代表に!という声も多い選手になりましたよね。すごい選手。

三笘はアシストもできるし、ゴールも決められるし、本当に素晴らしい選手を獲得したよな…。

さらに言えば、旗手もプレースタイルが違うとはいえ、本当に素晴らしいルーキー。

切磋琢磨していいプレーを続出させていってもらいたいですね。

小林悠が筋肉系の怪我…。軽傷であることを祈ります…。

小林悠がサンフレッチェ広島戦、後半40分に負傷交代。

小林悠は後半37分に途中出場したものの、入ってすぐに、左腿裏付近を気にしていましたよね…。

交代直後のプレーで相手DFライン裏へとフリーランニングで走り抜けた際に、足を痛めてピッチにうずくまりました。

 

鬼木監督

筋肉系のトラブル。確認作業はまだですが、間違いないと思います。

 

これは痛すぎる…。

 

3人目のお子様が生まれたばかりで、レアンドロ・ダミアンがゴール決めた後にはゆりかごダンスを送っていました。

レアンドロダミアンは、

ケガの状況はわからないが、退場は残念だと思う。

ただその前に悠と喜び合えて良かったが。

と表情を曇らせていました。

レアンドロ・ダミアンは本当に人格者だよな…。

 

小林悠に、本当にまだまだ点数を重ねてほしかったので…悔しい限り。

軽傷であることを祈ります。

 

さぁ、名古屋グランパス戦ですよ!小林悠はたぶん間に合わないと思いますが、それでも代わりに出てくる選手がたくさんいるのが今の川崎。

名古屋グランパスにリベンジして、11連勝を達成しましょう!