川崎フロンターレvsベガルタ仙台マッチレビュー。台風14号が近づく中、1-0での辛勝!2位3位が敗戦…勝ち点差が離れていきます。

ルヴァンカップでの敗戦で、いったん目標としていた3冠がなくなったので…本当に悔しい気持ちを抱えたままの中2日でのJ1リーグ。

ベガルタ仙台との試合は、前回の対戦で2点先制されて逆転勝利したゲームでしたから…簡単な相手ではないと思っていましたが…本当にきつい試合でしたね…。

川崎フロンターレvsベガルタ仙台マッチレビュー。

試合結果は小林悠のゴールを守り切り1-0で勝利。

川崎フロンターレはルヴァンカップから先発8枚替えで勝ちに来ましたね!

結果が出てよかった…。

 

ベガルタ仙台は本当に強い相手でしたね…。

車屋のヘディングとか決まってたらもう少しやりやすかったんですけどね…。

 

しかし川崎フロンターレのここ最近の試合は雨ばっかりですね…。

雨だと川崎フロンターレらしいサッカーができないんだよな…。

それでも勝ち点3を取り勝ったことが本当に大事。

 

2位で追ってきているFC東京がガンバ大阪に敗戦、3位で追ってきているセレッソ大阪が名古屋グランパスに敗戦。

2位以下でつぶしあっている中で、川崎フロンターレは勝ち続けることが本当に大事。

2位以下に、勝ち点差15ありますからね…。

もちろん優勝は簡単ではないし、決まるまではわからないけど1試合1試合勝利していくっていうことができている川崎フロンターレが大きく崩れる想像はできないので、これからも1戦必勝で戦っていってもらいましょう!

小林悠は本当に素晴らしいエース

試合後にゴールを決めた小林悠が

勝つことが全てだった。

と振り返れば、この日左膝手術の復帰から最長となる67分間プレーした中村憲剛も

とにかく勝ち点3という試合だった。

と語るなど、ルヴァンカップの敗戦を1試合で切り替えられるのか?という試合でした。

 

小林悠がFC東京に敗戦した後のオンライン取材で、

今は前みたいにチームのことを考えて声をかけるというよりは皆、成長しています。

しっかり切り替えられると感じます。

練習の雰囲気が暗かったら盛り上げようと思いますが、もうそういうチームではない。

一人ひとりが成長しているので、そういう心配はないと思います。

って言っていたのが印象的したよねー。

 

最後の最後、仙台に猛攻を食らうものの勝ち点3を取ったのは大きいし、点を取ったのがエース小林悠というのも素晴らしい!

 

いや、本当に点を取った前半41分の飛び出しは素晴らしかったですね…。

これぞ、われらがエース小林悠。

 

 

切り替えるっていうことがしっかりとできるチームっていうのは本当に強い!!

 

小林悠のゴールシーン、三笘薫の縦パスも素晴らしい強さ、コースだったけど、何より小林悠の相手DFとの駆け引きですよね…。

あそこで裏に抜け出せるから、小林悠はたくさん点を取れるんだよな…。

これで今年の得点数は12点目。

勝ち点3を取った試合もこれで19試合目。

これからも勝ち点3だけを取り続けましょう!リーグ奪還早くしたい!!

 

ベガルタ仙台は11戦未勝利も光明見えてきましたよね

勝ち切るのが首位、こういう試合で負けるのが下位に苦しむ仙台・・・という試合結果ですが、光明は見えてきたかなと。

ルヴァンカップのFC東京のように、ベガルタ仙台もディフェンス陣が体を張って守備ブロックを敷き、ゴールを許さない戦いが続きましたから…これはほかのチームもやってくるんだろうなぁ…。

そして守って守って…最後の10分間攻撃をしまくる、みたいなサッカーをしてくるベガルタ仙台みたいなチームは生まれそう。

後半80分の中原彰吾のクロスにファーサイドで長沢駿がヘディングシュートしたものが左のポストに当たらずにはいってたら試合結果どうなっていたかわからないですよね…。

やっぱりJ1は簡単ではありませんね。奪還するためには引いて守ってくる相手をどうやって倒せるかですからね…。

小林悠の裏への抜け出し、三笘薫のドリブル、旗手怜央の冷静な判断はこれからの試合でも当然、武器になると思いますが…こういった川崎フロンターレの攻撃が研究されても勝ち切る、っていうゲームを続けていってもらいたいですね。