J1、J2ライセンス申請あった全クラブに交付!是正通達、注意喚起も。

Jリーグは今年のライセンスは経営難等はサガン鳥栖だけ是正通達でしたが…注意喚起は17クラブありましたね…。

新型コロナウィルスが落ち着いた(落ち着くといいな)の来年、再来年…生き残れるチームどれぐらいあるんだろうね…。

J1、J2ライセンス申請あった全52クラブに交付!

2021シーズンのJ1、J2ライセンスの判定結果が発表されました。

申請のあった全52クラブに交付されましたね。

申請を行った52クラブのうち

44クラブにJ1ライセンス

8クラブにJ2ライセンス

が交付されることとなりました。

J1クラブライセンス

北海道コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
鹿島アントラーズ
水戸ホーリーホック
栃木SC
ザスパクサツ群馬
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
FC東京
東京ヴェルディ
FC町田ゼルビア
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
横浜FC
湘南ベルマーレ
ヴァンフォーレ甲府
松本山雅FC
アルビレックス新潟
カターレ富山
ツエーゲン金沢
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパス
FC岐阜
京都サンガF.C.
ガンバ大阪
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
ファジアーノ岡山
サンフレッチェ広島
レノファ山口FC
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
ギラヴァンツ北九州
サガン鳥栖
V・ファーレン長崎
ロアッソ熊本
大分トリニータ
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球

J2クラブライセンス

いわてグルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田
SC相模原
AC長野パルセイロ
藤枝MYFC
ガイナーレ鳥取
カマタマーレ讃岐
FC今治

ちなみに新たに獲得したのは、いわてグルージャ盛岡、SC相模原、藤枝MYFC、FC今治の4クラブ。

FC今治については注文付き(12月20日開催予定の明治安田生命J3リーグ最終節の後、昇格のための順位要件を充足できず、スタジアムの短期改修工事を行わないことが確定した場合、J2クラブライセンスの効力が失われます)。

サガン鳥栖には是正通達が!また注意喚起は17クラブに…

来年のJ1ライセンスがなくなるわけではないですが…判定に付帯する事項としてサガン鳥栖には是正通達がされました。

是正通達とはライセンス不交付となる前に自ら経営の改善、「債務超過」および「3期以上の連続赤字」とならないように強い指導を行うもの。

鳥栖は19年度決算で約20億円の赤字を計上していました。

サガン鳥栖には今後、2020年度の予算進捗をリーグに定期的に報告、2021年度の予算編成時にリーグに事前に説明する義務が課されています。

財務状況を改善させるための活動についても、定期的に報告する必要があります。

 

募金活動を行っているベガルタ仙台も含めた17クラブには注意喚起がありました。

これは判定結果に直接は関係ないが、予算進捗・編成等についての注文が付けられた…という感じですね。

北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、ブラウブリッツ秋田、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、湘南ベルマーレ、SC相模原、AC長野パルセイロ、アルビレックス新潟、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、ガイナーレ鳥取、レノファ山口FC、カマタマーレ讃岐、ロアッソ熊本の17クラブ。

随時ヒヤリングが行われることになります。

 

観客数の水増しが明らかとなって、先日罰金処分が決定したブラウブリッツ秋田については、

すでに制裁が発表になっている。その件について影響は受けていない。

としています。

トイレの数の不足、屋根のカバー率不足についても公表

制裁対象となるB等級基準の未充足に該当するトイレの数の不足および屋根のカバー率不足を指摘された本拠地スタジアムを持つクラブも公表されています。

現在J1のクラブも結構公表されていますね…。

1000名の観客に対して少なくとも洋式トイレ5台、男性用小便器8台を備えなければいけないというスタジアムの衛生基準。

観客席の数を「満員」から「60%入場」を母数として判定した場合に基準を充足する特別ルールもあるので…ほとんどのクラブが充足していますが、スタジアム全体の屋根のカバー率については、依然として多くのクラブで充足していません。

トイレ・屋根のいずれも不足

・ブラウブリッツ秋田
ソユースタジアム

・ツエーゲン金沢
石川県西部緑地公園陸上競技場

屋根のカバー率のみ不足

・いわてグルージャ盛岡
いわぎんスタジアム

・モンテディオ山形
NDソフトスタジアム山形

・栃木SC
栃木グリーンスタジアム

・ザスパクサツ群馬
正田醤油スタジアム群馬

・大宮アルディージャ
NACK5スタジアム大宮

・柏レイソル
三協フロンティア柏スタジアム

・横浜FC
ニッパツ三ツ沢球技場

・湘南ベルマーレ
Shonan BMW スタジアム平塚

・SC相模原
相模原ギオンスタジアム

・ヴァンフォーレ甲府
山梨中銀スタジアム

・松本山雅FC
サンプロ アルウィン

・カターレ富山
富山県総合運動公園陸上競技場

・清水エスパルス
IAIスタジアム日本平

・ジュビロ磐田
ヤマハスタジアム

・名古屋グランパス
パロマ瑞穂スタジアム

・ガイナーレ鳥取
Axisバードスタジアム

・ファジアーノ岡山
シティライトスタジアム

・サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島

・カマタマーレ讃岐
Pikaraスタジアム

・愛媛FC
ニンジニアスタジアム

・FC今治
ありがとうサービス.夢スタジアム

・鹿児島ユナイテッドFC
白波スタジアム

・FC琉球
タピック県総ひやごんスタジアム

J1リーグでも、柏レイソル、湘南ベルマーレ、横浜FC、清水エスパルス、名古屋グランパス、サンフレッチェ広島の6チームが屋根の基準をクリアしていません。

まぁ、名古屋グランパスの場合、トヨタスタジアムはセーフなので、残りの5チームはクリアしないといけないんですよね…。

 

今年はライセンス大丈夫ですが…来年以降大変だろうな…。