川崎フロンターレvs湘南ベルマーレマッチプレビュー。首位vs最下位の試合も簡単な試合はJ1には存在しない。

山根視来

川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが日曜日に行われます。

現在16勝2分1敗、勝ち点50と圧倒的な勝利数を誇る川崎フロンターレですが…2連敗で最下位に沈む湘南ベルマーレとはいえ怖い相手なのは間違いないです。

J1で簡単な試合は一個もないですからね…。

川崎フロンターレvs湘南ベルマーレマッチプレビュー。

ガンバ大阪に勝った試合で浮上のきっかけをつかめるかと思った湘南ベルマーレですが、現在2連敗中。

ただ、鹿島アントラーズ相手に最後の最後まで肉薄した前節は素晴らしかったですし、川崎フロンターレも簡単にはいかないでしょうね。

持ち前の運動量で相手を上回る湘南ベルマーレのサッカーは素晴らしい。

そして選手の質が高いのは、現在川崎フロンターレに所属する下田北斗、山根視来のサッカーのうまさでわかりますよね…。

 

鹿島アントラーズがボールを持った時も、寄せが強くて素晴らしかったですし、川崎フロンターレも絶対苦しみそう…。

 

浮嶋監督も、

後半は1点勝負のゲームになると思った。

お互いにチャンスがある中で決められず、最後に決められた。

悔しい敗戦。

と語っていましたよね。

 

松田天馬は

チームとしてやるべきことはできた。

ゴール前で決められなかったのが敗因。

ポジティブにとらえてもいい試合だったかと思う。

ここ数試合で一番手応えのある試合だった。

ボールを奪った後につなげられない試合が多かったけど、つなげてチャレンジができていたし、はがせたら攻撃に転じていた。

練習でやってきたことが試合に出てよかった。

と語っていました。

 

現在最下位に沈むチームの中で6連勝中の鹿島アントラーズ相手に0-1ですからね…。

誇ってもいい結果だと思います。

 

2連敗中の湘南ベルマーレと、6連勝中の川崎フロンターレとの試合。

湘南がちょっと厳しい…というのが戦前の予想ではありますが、予想通りにいかないのがサッカーですからね…。

しっかりと1戦必勝で勝ってもらいたいですね。

鬼木達監督のS級同期、富士通OB浮嶋監督との対決ふたたび。

湘南ベルマーレの浮嶋敏監督は、元富士通の選手(1991-1995年)。

日産自動車(現横浜Fマリノス)でデビューして、富士通(現川崎フロンターレ)に移籍し、現役引退。

引退後は富士通の社員として従事しつつ、A級ライセンスを取得。

2002年に新城高校サッカー部の監督に就任…と川崎、川崎フロンターレに関係している監督ですからね。

次は湘南ベルマーレのホームで対戦することになります。

 

さらに鬼木達監督とは、2013年のS級ライセンス取得の同期。

怖い相手ではありますよね。

 

前回の対戦では、川崎フロンターレのホーム、等々力陸上競技場では3-1で勝利。

川崎フロンターレvs湘南ベルマーレマッチレビュー。やられたらやり返す、倍返しだっ!の3-1逆転勝利!ベンチーワークJ1最強。

 

そういえば、先制点はタリクのバイシクルでしたよねー。豪快なゴールでした…。

 

今は苦しい状況にある湘南ベルマーレですが、悪いサッカーをしているわけではないので…浮嶋監督は怖いですよね。

貪欲にいろいろなものを吸収しようとしているところですしね…。

川崎フロンターレは7試合連続3得点以上のJリーグ記録に並べるか?

川崎フロンターレは、現在6連勝中。

ちなみにすべての試合で3得点以上で勝利。

この記録は、偶然にも今節の対戦相手湘南ベルマーレの前身、ベルマーレ平塚が記録した7試合連続3得点以上に次ぐJリーグ2番目の記録。

ちなみにベルマーレ平塚は7試合で3得点以上決めていますが、その間に2敗(延長負け)を喫しているので、全勝しているのは川崎フロンターレが初めて。

6試合での1試合平均得点は3.7点(計22得点)という無双状態。

 

ベルマーレ相手に3得点以上を決めて、J1記録を更新し続けたいですね。

連勝記録も更新したし、J1最多勝ち点も、J1での3得点以上での連勝記録も新記録作りましょう!

川崎フロンターレvsセレッソ大阪マッチレビュー!J1シーズン連勝新記録10連勝!2点取られたら5点取り返す!

前節で2ゴール奪われたのが悔しかったので…今節はしっかりと3得点以上決めて無失点での勝利を期待したいですね。

アウェイに行けないけど…オンラインフロンパークも楽しみ!

J1川崎フロンターレは27日の湘南ベルマーレ戦(BMW)でのオンラインイベント「オンライン フロンパーク」を実施。

このイベントはサポーター同士の交流やサポートショップといった地域の人々、スポンサーとオンライン上での交流を実現させたものです!

Jリーグは30日から段階的に入場者数の緩和やビジター席設置を解禁していくことが決まっているものの、近くのアウェイである湘南ベルマーレ戦は参戦することができないサポーターのために、チームが用意してくれたものですからね。感謝ですよ!

ちなみに目玉企画は、昨季まで湘南に所属していたDF山根視来と湘南DF岡本拓也の対談!

すでにこの対談は事前収録しているそうな!

鹿島アントラーズが7連勝中ということで追いかけてきていますが、川崎フロンターレが勝ち続ける限り追いつけないので、勝ちまくって今年は勝てない…という気持ちにさせてあげたいですね!

しっかりと勝ち点3のお土産よろしくお願いします!!